自分の歴史を振り返るお店の一つ

定期的に過去を振り返る為に行くお店ってあるよね。

久しぶりに会いたい人に会ってきた
といってもお互い会話はするが名前は知らないという関係性

今から10年以上前
三宮でお客さんの目の前で珈琲をたてるという
カウンターメインのカフェで働いていた時に
毎日コーヒーを飲みにきてくれていた常連さん

青葉の大将

神戸で鰻屋といえば最初の方に名前が挙がる名店
https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28000745/
ありがたい事に何のお店かも知らずに
毎日珈琲を入れさせていただいたなぁ
青春時代は昼も夜も毎日カウンターで

沢山のお客さんの日常に触れていたのが懐かしい

濃いお客さん多かったなぁ。。。

青葉の大将は自分の中では色々と印象に残るお客さんだったし
職人オーラが半端なかったよね、マジで
なぜか当時付き合っていた彼女がバイトしだしたという事もあったし 笑
大将黙っててゴメンなさい 笑
夜ショットバーで働いていた時も同伴に行くホステスさんから
「今から青葉行ってくるねん」
とよく名前は聞いてたけど
店の格式的にも中々自分でいけるお店ではなかった。
子どもが生まれる前に一度食べに行って感動したなぁ。
その後は独立してから年に一回位ふと立ち寄ってしまう
もちろん名店の鰻食べたいというのもあるけど
定期的に想い出を振り返ったりとか
今の自分の状況を客観的に振り返ったりしてるのかもしれない
未だに自分の場違い感を楽しみながら
身の丈に合ってない『うな重』を息子と楽しみ
嫁には吉野家に行ったと嘘をついた休日でした。
という何の意味もないブログ

32才は《自然体》で過ごします♪今年もどうぞ宜しく!

娘「パパ誕生日プレゼントあげる!」

僕「ん・・・
ありがとう・・・何これ?」

 娘「知らん」

と家族で昨晩行ったお店のメニュー表の書き写しを戴きましたwww

 サプライズ過ぎるわwww

・なんて書いてあるか分からんけど気にしない
・でも嬉しそうにメニュー見てたのは覚えてる
・字は読めないけど絵として捉えればいい
じゃあプレゼントしたら喜ぶだろう!
という子どもの発想って素敵
細かいことを気にしだして
本質見失っている大人って多いよね?
という訳で

32才のテーマは

《自然体》で過ごそう

と決めました!

《大きな流れを作り未来を切り開く》をテーマにして進んできた31歳
崩れかけたメンタルを保つためにも、人生史上最高値の目標設定をして駆け抜けてきた一年。5年分位生きた気がした。。。

大きな流れを作った時こそ落ち着いて
今ある日常への感謝を改めて大事に出来る大人を目標に《自然体》をテーマに過ごしていく一年にしていきます。

あっ、ハピザップの甲斐もあり
嫁すこし痩せましたwww
(写真は創作割烹一寸法師さんの澪サングリア、刺身盛り合わせ
料理も美味しくリーズナブルで最近のマイブームなお店です
https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280109/28010862/

 

 

ノープランだったのに各地でサプライズもありがとう!

皆さま、今後ともどうぞ宜しく♪