車椅子はいりません!ベビー用品ください!

介護施設に届く大量のベビー椅子www
その数、なんと ダンボール4箱!!!

車椅子はいりませんが、ベビーベッドください!
介護用品いりませんが、ベビー用品ください!

介護施設に日々集まる子どもの数、
開催される飲み会の回数、
外国人の遊びに来る数、
なんやよー分からん出入りしている人の数etc…

申請したら色々と、ギネス余裕でしたな現在の日常。

そんな中でも、とってもHappyな報告です!
この場に関わる方々で、ベビーラッシュが起きています!
少なくとも、10妊婦以上!!!

なんか、一種のパワースポット的な感じになってます(笑)

長田区は神戸市の中でも少子高齢化がヤバい!!!
と行政の方は悩んでいるそうです。。。

なぜか、この場では逆の事が起きてます。

今回は、皆さんにお願いがあります!!!

車椅子はいりませんが、ベビーベッドください!
介護用品いりませんが、ベビー用品ください!

世の中の定説は基本無視。これからも、いつまでも。

逆でもえーやん。
みんなが同じ方向を向いて動いている時。
そっちに行きたくない。別の道を探そう。
今と変わらず、そんなヒネた少年時代を過ごしておりました。

『赤は避けたほうがいい』
日本の介護施設や病院が一般的に使わない赤色。
興奮作用があるからだそう。

だからこそ、我々は
廊下を真っ赤にしました!

すると、元気になりすぎた老人は
自分ではなく
赤ちゃんを車椅子に乗せてしまったようだ…

 

(はっぴーの家ろっけん4階アメリカンドリームフロア)

 

赤ちゃんが人を元気にするように、
赤色も人を元気にする効果がある。

一般的に元気がない高齢者が多いとされている医療・介護の現場。

そんな場所だからこそ元気になるようなカラー、
なんやったら興奮するようなカラーも選択肢にあって良いはず。

世界的にみれば、赤や青や黄色を使う病院なんていくらでもある。

日本人は、みんな平均点を取りにいく特性があると聞いたことがある。

行き詰まっている業界のアタリマエって本当に正解なのか。

その業界の非常識が新しい価値観になっても不思議ではない。

そんな選択肢の問いかけをしていきたい。

《1.非常識を新しい価値観にする》

ex),《遠くのシンセキより近くのタニン》プロジェクト…

核家族化の現代、子育ても介護も大変。
家族が近くにいない。
集まれる状況にない人はどうしたらいいのか。
そもそも、家族ってなんだろう。
血の繋がり絶対神話にとらわれた既存の価値観にメスを入れたい!

《遠くのシンセキより近くのタニン》の価値を見つめ直せば日常は豊かになる!
という問いかけ。

《2.はっぴーの総量を増やす》

ex)既に誰と誰が家族わからない。子どもから高齢者、外国人問わず、その場にいる人のハッピーを追求する。(2階 昭和の六間道フロア)

高齢者のハッピーだけをみても問題は解決しない。
高齢者も若者も子どももパパもママも外国人も平等だ。

単一世代の問題解決を考えず
バックグラウンドを超えて、関わる世代や増やそう!
コミュニティ全体のハッピーの総量をあげていこう!
という問いかけ。

《3.ほどよい関係性をデザインする》

ex)日・韓・米の交流をすき焼きで…

多様性のある環境でも心地よく過ごせるお手伝い!
ダイバーシティな環境を作り出し
ほどよい関係性をデザインする。

緩やかなコミュニティを作ればええやん!
という問いかけ。

まぁ、こんな感じで今期も
世の中の定説は基本的に無視しながら問いかけ続けます。

ストーブが必要な寒すぎる春。社会問題より異常気象が気になる。
そんな一年が始まりました。平成最後の一年?頑張ろーっと!

 

多世代型強制労働施設はっ◯ーの家 潜入レポ

 

赤ちゃんから要介護者まで全ての世代に強制労働を強いていると噂の多世代型強制労働住宅(はっ◯ーの家ろっ◯ん)の一日に密着した。

当該施設では、女・子ども問わず約100人の一般市民を招集しワークショップ(無金銭奉仕活動会議)と称した強制労働会議を行なう等の建設前から何かと悪評の高い施設だ。

どうやら、この風貌・体型ともにダラシない二人が経営陣らしい。

事業運営での重要かつ労力を要すコンセプトの企画・立案を平気で職務放棄して市民にさせるなど不健全経営の極みである。

(訳も分からず連行された市民達)
(どうやら女・子どもだけでなく外国人強制労働者もいるようだ)

実際に【世界旅行の船旅】という町の無償労働者100人に決めさせた、いかにも、怪しいコンセプトで日々の運営は行われているらしい。

今回、HPもなく実体が掴みにくいという事で潜入捜査が入る事になった。

立ち上がったのは、赤ちゃんの力で地域を繋げ、まちづくりまでもしてしまう社会団体マ◯の働き方応援隊(こちらは極めてクリーンな団体)に所属する大阪府の正義感溢れる調査員(7才男性・9才女性)二人である。(2017.3/30)

しかし、残念ながら、

潜入虚しく入り口の人型監視ロボと、

地元工作員により、潜入は見抜かれ強制労働に引き込まれてしまう。

(人型監視ロボ)

 

 

 

 

 

(子どもに扮した地元工作員達。アソビという対価で雇われているようだ。)
(人型監視ロボに命を吹き込む地元工作員)
(ここではママではなく俺がルールだとブローカーに突きつけられる潜入捜査員)
(手厳しい労働指導の様子)

大阪からやってきた調査員(7才男性・9才女性)は職業訓練生として、

地元工作員(6才・8才)に囚人服を着せられ強制労働指導の餌食になってしまう。

また、この多世代型強制労働住宅では、要介護認知症老人に対しても強制労働を課していると調査が上がっている。


(地元工作員のオムツにコードネーム入れ労働)

(神戸祭りの衣装製作労働)
(強制労働の上で外貨を稼ぐという悪行も確認されている)

他にも確認されているだけでの数々の悪質な強制労働を女・子ども問わず一般市民に強いているらしい。

ただ、こういった現状の中、工作員希望者が後を絶たないという不思議な現象が起きている。

『アソビ』という罠を巧みに使い工作員を取り込む悪質な手口を一部紹介しよう。

(まず、適度なアソビで餌をまく)
(釣られて仲間が増え出す)
(気づけば、キッズ工作員候補が集まり出す)
(ここまでくれば、徐々に労働工作員の指導に自然に・・・)
(上級工作員ともなれば、食事提供も難なくこなす。恐ろしい事に彼女達は労働に巻き込まれている事に気付いていないという事だ)
(当然に、上下関係は厳しい世界)

このような、悪質な手口で地元工作員を育てながら、この強制労働施設は運営されているようだ。
熟練の工作員に掛かれば大阪から来たNPO潜入捜査員など、いとも簡単に強制労働の餌食だ。

ベテラン工作員の指導監視のもと労働に励む二人

高齢者が住む住宅なので介護だけでなく医療行為(訪問看護)等も重要な職務の一つだ。楽しいだけでは多世代の強制労働住宅は維持できない。あくまでも『楽しむ』姿勢という麻薬が必要だ。

(バイタルチェックもお手の物)

もっとも、この多世代型強制労働住宅で大事な職務はアソビである。日常のアソビの時間をどれだけ捻出できるかが工作員の腕の見せ所。そのために、暮らしをサポートする医療・介護の仕事を抜かりなくやる重要さを工作員は既に理解している。

一日もあれば、新入りにも労働だけでなくアソビの時間までキッチリこなさせる工作員達。
遊ばざるもの働くべからず。。。
福祉業界の現状とはかけ離れた危険な施設の実体の一部である。

既に、工作員と国家権力との癒着も始まっているようだ。シチリアのマフィアをイメージしていただくと話が早い。

これは、非常に危険な状況だ。

この、多世代型強制労働住宅の悪行を止める術を真剣に考える必要がある。

本当に世の中の常識が変わってしまう。

なんと、9月より入居希望者に応えるため、
真剣に大人も含めて工作員募集を始めるらしい。

このような悪質なシェアハウスで働きたいという志があるのなら介護士・看護師・ケアマネ・保育士だけでなく、無資格でも雇用する意図があるらしい。
しかも、子連れ出勤可というタチの悪さだ。。。

間違ってもこんな悪質な場所で働いてはいけない。
世の中の常識が本当に変わってしまう( ´Д`)y━・~~

10月に大幅な業務拡大を行うらしい。当たり障りない世の中を維持するため、なんとしても阻止する必要が我々一般市民にはあると強く言いたい!

繰り返す、阻止だ!
介護士!
看護師!
ケアマネ!
保育士!
悪のコンセプトに共感出来れば資格なし歓迎!
短時間勤務・子連れ出勤可だ!
決して近づいてはならない!

世界の路地裏と不良老人

夜中でもふらっと出て来れるリビング
ろっけんにはコレをどうしても
作りたかった!


夜に音楽聴きながら過ごす

世界の路地裏本とコーヒーを
一緒に楽しみながら
珍しく穏やかすぎる夜♪
(ドゥブロヴニク/クロアチア)
(ロヴィニ/クロアチア)
今日のハッピーは開港して
一番穏やかな1日。
なんせ子どもの群れが来ない来ない!?
それもそのはず
S・N・K・R・Yの
ばらソースのように濃い
名物キッズ達が揃って
佐賀県の唐津に出張しているから
(看護小規模多機能むく)
町の空気感を変えてしまうとは・・・
サスガ ろっけんを代表する
影響力のあるキッズ達w

珍しく穏やかなロッケンハッピー
慣れない夜勤(お留守番)をするボク
そこへ普通の家の子供達が
寝かしつけられる時間位になると
恒例で共有リビングに
現れるお二人の仲良しコンビ
Kばぁ「今何時?12時くらいか?」
ボク「・・・いやまだ9時過ぎやで・・・」
Sばぁ「子どもら今日は入られん日なんか?」
ボク「なんなんソレ?そんな日ないわw」

なるほど、、、
世界一夜中まで騒がしい
不良介護付き住宅に慣れた
仲良し不良コンビは当然に
ソワソワ眠れない様子w
一般的に介護施設の夜は
穏やかというか寂しい、、、
早いところでは
8時にはもう共用部は消灯!
って施設も少なくない。。。
9時・10時になって部屋の外を
歩いているもんなら
「オバアチャン大丈夫?何かありましたか?
暗いので危ないし、お部屋帰りましょうか」
って半ば徘徊老人扱いも
いたしかたない。。。
(色々と大変なんだよホントに
そこは分かったげてね)
でも!

・・・いや大概起きとるやろ!?
その時間!
外歩きするわけでもないし
逆に家でそんなハヨ寝るんか!

って思うのはボクだけじゃないはず!
高齢者の方と一緒に暮らしてみて
最近気付いた事 、、、
《早く寝て早く起きる》
コレは勘違い!
《普通に寝て早く起きる》
コレが正解!
《早く寝て早く起き過ぎる
朝飯まで只々ヒマ》
コレが一般の施設の現状かも。。。
ろっけんでは
1階共有リビングに限り夜でも
基本的にフリーで立ち寄れる雰囲気作り♪
オープンから今まで心掛けてみた!
ボク達だって眠れない夜
リビングにふと向かいたい
瞬間だってあるやん ?

「あーココは夜更かししても
何も言われんからええわぁ」

不良老人?が呟く言葉に
嬉しさよりも複雑な心境。。。
夜中でもふらっと出て来れるリビング
ろっけんには作れて良かった!
(夜ふかし老人に珈琲付き合ってもらったのはDr.には内緒w)
夜に音楽聴きながら過ごす
世界の路地裏本とコーヒーを
一緒に楽しむ
珍しく穏やかすぎる夜♪
当たり前の時間をシェアする喜び
一度に全部当たり前を叶えることは
難しいかもしれない。。。
当たり前の事が当たり前になるように
また一つずつ頑張ろって思った( ´ ▽ ` )ノ

(穏やかな夜にオススメの一冊)

デイサービスとシェアリングエコノミー

はっぴーの家で節分のホームパーティ♪

季節の変わり目を感じ取れる慣習がある日本はホントに素敵な国ですね。

この事業を始めてから改めて日本が好きになりました。

「首藤くんのところのデイサービスはいい感じやね!」

ってよく褒めていただきます、最近。

ありがとう!でも・・・うちデイサービスちゃうねん。

シェアハウスやねん。スタッフが介護士・看護師の。

おそらく、デイサービスの皆さんのイメージは昼間に集まって高齢者の方がワイワイ楽しくやってるイメージだと思います。

だから、ハッピーはデイサービスと間違えられる。嬉しい事です。

でもボクがこの業界を始める時に決めたのは

現段階ではハッピーでは現行のデイサービスはやらないってこと!

ん?って感じだよね。

なぜならデイサービスは今後の日本の財政考える上で

優先順位的に判断すると予算がカットされていくと思っているからです。

デイサービスって、家までお迎えが来てお風呂はいってご飯食べて折り紙折って緩〜くワイワイするってのが大体の流れ。

このサービスに一日で一人の利用者様に対して

約1万円程の介護保険が発生していることは皆さんご存知でしょうか?

デイサービスは、とても必要なサービスです。

ただ、現行の日本で一日で約1万円弱

果たして払える余裕があるのかどうか違和感を感じませんか?

この事を知ったときボクは素直にこう思った。

一万円ってUSJ行けるやん!高っ!

要するに、1万円という対価に現状が見合っていないんですよね。

でも、本来のデイに求める効果を発揮してもらうためには、

運営側も人件費の問題等を考えると一人あたり約1万円では足りない。

介護現場の方は人がもっと使える予算があればっていうジレンマで精一杯戦っている。

サービスを受ける側はもっとやってくれたらなって思っている。

これが日本のデイサービスの現状なのかなと個人的には感じます。

でも国にデイの保険収入をもっと上げてくれな無理って

嘆いても可能性は薄々やし建設的じゃないよね。

日本の歴史を考えると公定価格が下がったものを上げることはホボない。

じゃあどうすんねんって感じだけど答えはシンプル!

民衆よ立ち上がれ( ✌︎’ω’)✌︎

地域の緩やかなコミュニテイがデイ機能の一部を果たしていく!

人はいるぞ地域には♪

まずは、公民館・コミュニテイスペースを始めとする居場所がもっと居場所として機能することによりデイの役割を果たし介護保険の支出が抑えられる!

その上、地域の繋がりも密になりアクティブシニアも巻き込んだ居場所作りからお互いに関係性の中で予防介護的な効果も発揮されること間違いなし。

じゃあデイでお風呂に入るしかない人たちはどうするの?

って話だけど

そこを僕たちのような介護に対応できるシェアハウスやサービス付き高齢者住宅や施設さんが担っていく必要がある。

医療・介護保険はこのままでは確実に破綻する。

医療・介護従事者でけでなく全ての人たちが国がなんとかしてくれる思考は捨て地域の緩やかなコミュニティとどう連携していくのか準備していかなければならない段階に入っている。

保険を使う発想からの脱却!

たった一つのシンプルな方法でいいと思う!

《既に目の前にいる人との関係性を大事にしていく》

小学校の時にそういえば習ったシンプルなやつです。

結局、人口減少の中で地域コミュニティ形成していくには

あいつが嫌い好きとか言ってても進まない

そこには新しい経済の価値観が生まれ、

繋がりという本来の原点がキーポイントになる。

人の繋がりが財政だけでなく地域の課題も解決する可能性がある。

いわゆるシェリングエコノミーの考え方を一番避けて通れないのが

高齢者に携わる僕たち医療介護従事者だと思うなぁ。

だからボクはデイサービスはやらない。

例を挙げると こんな感じ↓

伝わってるかな。

デイサービス行く必要がない家を作っちゃう。

要するに、このパーティには介護保険は発生してないんです。

いわゆる、ただのホームパーティってやつ。

だからこそ地域との繋がりも大事。

本来の介護付き住宅は部屋に居てもらうオペレーションをかけるのが通常。

だってリビングに人が集まると人件費が重むし保険収入も発生しないから。

住んでる所からデイに行く(通常)

 

介護付き住宅では住まいという観念だけでなく

デイサービスに行かなくても素敵な日常を送れる

リビングをみんなでシェア出来る。

なんだったら街の人ともシェア出来る。

そこをスタンダードにしていかないとね。

そこを実践していってるのが はっぴーの家です。

明日からも既にある目の前にいる人との関係を大事にしていきたいな♪