世の中の定説は基本無視。これからも、いつまでも。

逆でもえーやん。
みんなが同じ方向を向いて動いている時。
そっちに行きたくない。別の道を探そう。
今と変わらず、そんなヒネた少年時代を過ごしておりました。

『赤は避けたほうがいい』
日本の介護施設や病院が一般的に使わない赤色。
興奮作用があるからだそう。

だからこそ、我々は
廊下を真っ赤にしました!

すると、元気になりすぎた老人は
自分ではなく
赤ちゃんを車椅子に乗せてしまったようだ…

 

(はっぴーの家ろっけん4階アメリカンドリームフロア)

 

赤ちゃんが人を元気にするように、
赤色も人を元気にする効果がある。

一般的に元気がない高齢者が多いとされている医療・介護の現場。

そんな場所だからこそ元気になるようなカラー、
なんやったら興奮するようなカラーも選択肢にあって良いはず。

世界的にみれば、赤や青や黄色を使う病院なんていくらでもある。

日本人は、みんな平均点を取りにいく特性があると聞いたことがある。

行き詰まっている業界のアタリマエって本当に正解なのか。

その業界の非常識が新しい価値観になっても不思議ではない。

そんな選択肢の問いかけをしていきたい。

《1.非常識を新しい価値観にする》

ex),《遠くのシンセキより近くのタニン》プロジェクト…

核家族化の現代、子育ても介護も大変。
家族が近くにいない。
集まれる状況にない人はどうしたらいいのか。
そもそも、家族ってなんだろう。
血の繋がり絶対神話にとらわれた既存の価値観にメスを入れたい!

《遠くのシンセキより近くのタニン》の価値を見つめ直せば日常は豊かになる!
という問いかけ。

《2.はっぴーの総量を増やす》

ex)既に誰と誰が家族わからない。子どもから高齢者、外国人問わず、その場にいる人のハッピーを追求する。(2階 昭和の六間道フロア)

高齢者のハッピーだけをみても問題は解決しない。
高齢者も若者も子どももパパもママも外国人も平等だ。

単一世代の問題解決を考えず
バックグラウンドを超えて、関わる世代や増やそう!
コミュニティ全体のハッピーの総量をあげていこう!
という問いかけ。

《3.ほどよい関係性をデザインする》

ex)日・韓・米の交流をすき焼きで…

多様性のある環境でも心地よく過ごせるお手伝い!
ダイバーシティな環境を作り出し
ほどよい関係性をデザインする。

緩やかなコミュニティを作ればええやん!
という問いかけ。

まぁ、こんな感じで今期も
世の中の定説は基本的に無視しながら問いかけ続けます。

ストーブが必要な寒すぎる春。社会問題より異常気象が気になる。
そんな一年が始まりました。平成最後の一年?頑張ろーっと!

 

投稿者: happykanaeba

株式会社Happy代表取締役。23才で遊休不動産の活用事業や神戸市長田区を中心に空き家再生事業を始め、27才で法人化に至る。自身の生い立ちから多世代でシェアで暮らす昔の日本のようなライフスタイルを作る事が少子高齢化問題を解決する方法の一つになると気付きハッピーの家プロジェクトを始動。HPや看板を作らない繋がりと口コミだけで拡がっていくのがHappyのプロジェクトの特徴。 現在、多世代型介護付きシェアハウスという暮らし方を子供と一緒に住みながら実験中!将棋と珈琲を愛する31才。昼までダラダラ寝ていたい脱力系起業家代表。 ⭐︎お貸ししまスペース  かなえ場(明石・魚住) https://www.facebook.com/お貸ししまスペース-かなえ場-494716374017979/ 空き家を一般の方350人と一緒にDIYして作った訪問看護ステーション兼コミュニティスペース ⭐︎ はっぴーの家はりま〜古き良き日本の家 だけどちょっと新しい〜 (播磨町) https://m.facebook.com/harima.happy.home/ 古き良き日本の家のような介護付きシェアハウス ⭐︎はっぴーの家ろっけん〜希望溢れる世界旅行の船旅へ〜 (長田区) https://m.facebook.com/rokken.happy.home/ 世界旅行をテーマにした多世代型介護付きシェアハウス 企画の段階から保育園児に始まり学生・主婦・クリエイター・外国人等の世代やバックグラウンドを問わず町中の人たち約100人とワークショップで事業計画とコンセプトを作った町中の想いを詰め込んだシェアハウス ⭐︎Rokken College~町中がキャンパス~ https://www.facebook.com/RokkenCollege/ 「空き家、空き地、シャッター商店街」を従来の地域活性の方法ではなく、あえて、下町の情景、商店街、空き家・空き地を生かしながら、さまざまな人が 出会い学習するキャンパスに! ☆路地裏農業(仮) https://www.facebook.com/路地裏農業仮-1705370603037300/ 阪神大震災後ずっと空き地だった場所を変えよう!赤ちゃんからお年寄りまで みんなで集まれる街なか畑を作りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です