多世代型強制労働施設はっ◯ーの家 潜入レポ

 

赤ちゃんから要介護者まで全ての世代に強制労働を強いていると噂の多世代型強制労働住宅(はっ◯ーの家ろっ◯ん)の一日に密着した。

当該施設では、女・子ども問わず約100人の一般市民を招集しワークショップ(無金銭奉仕活動会議)と称した強制労働会議を行なう等の建設前から何かと悪評の高い施設だ。

どうやら、この風貌・体型ともにダラシない二人が経営陣らしい。

事業運営での重要かつ労力を要すコンセプトの企画・立案を平気で職務放棄して市民にさせるなど不健全経営の極みである。

(訳も分からず連行された市民達)
(どうやら女・子どもだけでなく外国人強制労働者もいるようだ)

実際に【世界旅行の船旅】という町の無償労働者100人に決めさせた、いかにも、怪しいコンセプトで日々の運営は行われているらしい。

今回、HPもなく実体が掴みにくいという事で潜入捜査が入る事になった。

立ち上がったのは、赤ちゃんの力で地域を繋げ、まちづくりまでもしてしまう社会団体マ◯の働き方応援隊(こちらは極めてクリーンな団体)に所属する大阪府の正義感溢れる調査員(7才男性・9才女性)二人である。(2017.3/30)

しかし、残念ながら、

潜入虚しく入り口の人型監視ロボと、

地元工作員により、潜入は見抜かれ強制労働に引き込まれてしまう。

(人型監視ロボ)

 

 

 

 

 

(子どもに扮した地元工作員達。アソビという対価で雇われているようだ。)
(人型監視ロボに命を吹き込む地元工作員)
(ここではママではなく俺がルールだとブローカーに突きつけられる潜入捜査員)
(手厳しい労働指導の様子)

大阪からやってきた調査員(7才男性・9才女性)は職業訓練生として、

地元工作員(6才・8才)に囚人服を着せられ強制労働指導の餌食になってしまう。

また、この多世代型強制労働住宅では、要介護認知症老人に対しても強制労働を課していると調査が上がっている。


(地元工作員のオムツにコードネーム入れ労働)

(神戸祭りの衣装製作労働)
(強制労働の上で外貨を稼ぐという悪行も確認されている)

他にも確認されているだけでの数々の悪質な強制労働を女・子ども問わず一般市民に強いているらしい。

ただ、こういった現状の中、工作員希望者が後を絶たないという不思議な現象が起きている。

『アソビ』という罠を巧みに使い工作員を取り込む悪質な手口を一部紹介しよう。

(まず、適度なアソビで餌をまく)
(釣られて仲間が増え出す)
(気づけば、キッズ工作員候補が集まり出す)
(ここまでくれば、徐々に労働工作員の指導に自然に・・・)
(上級工作員ともなれば、食事提供も難なくこなす。恐ろしい事に彼女達は労働に巻き込まれている事に気付いていないという事だ)
(当然に、上下関係は厳しい世界)

このような、悪質な手口で地元工作員を育てながら、この強制労働施設は運営されているようだ。
熟練の工作員に掛かれば大阪から来たNPO潜入捜査員など、いとも簡単に強制労働の餌食だ。

ベテラン工作員の指導監視のもと労働に励む二人

高齢者が住む住宅なので介護だけでなく医療行為(訪問看護)等も重要な職務の一つだ。楽しいだけでは多世代の強制労働住宅は維持できない。あくまでも『楽しむ』姿勢という麻薬が必要だ。

(バイタルチェックもお手の物)

もっとも、この多世代型強制労働住宅で大事な職務はアソビである。日常のアソビの時間をどれだけ捻出できるかが工作員の腕の見せ所。そのために、暮らしをサポートする医療・介護の仕事を抜かりなくやる重要さを工作員は既に理解している。

一日もあれば、新入りにも労働だけでなくアソビの時間までキッチリこなさせる工作員達。
遊ばざるもの働くべからず。。。
福祉業界の現状とはかけ離れた危険な施設の実体の一部である。

既に、工作員と国家権力との癒着も始まっているようだ。シチリアのマフィアをイメージしていただくと話が早い。

これは、非常に危険な状況だ。

この、多世代型強制労働住宅の悪行を止める術を真剣に考える必要がある。

本当に世の中の常識が変わってしまう。

なんと、9月より入居希望者に応えるため、
真剣に大人も含めて工作員募集を始めるらしい。

このような悪質なシェアハウスで働きたいという志があるのなら介護士・看護師・ケアマネ・保育士だけでなく、無資格でも雇用する意図があるらしい。
しかも、子連れ出勤可というタチの悪さだ。。。

間違ってもこんな悪質な場所で働いてはいけない。
世の中の常識が本当に変わってしまう( ´Д`)y━・~~

10月に大幅な業務拡大を行うらしい。当たり障りない世の中を維持するため、なんとしても阻止する必要が我々一般市民にはあると強く言いたい!

繰り返す、阻止だ!
介護士!
看護師!
ケアマネ!
保育士!
悪のコンセプトに共感出来れば資格なし歓迎!
短時間勤務・子連れ出勤可だ!
決して近づいてはならない!

投稿者: happykanaeba

株式会社Happy代表取締役。23才で遊休不動産の活用事業や神戸市長田区を中心に空き家再生事業を始め、27才で法人化に至る。自身の生い立ちから多世代でシェアで暮らす昔の日本のようなライフスタイルを作る事が少子高齢化問題を解決する方法の一つになると気付きハッピーの家プロジェクトを始動。HPや看板を作らない繋がりと口コミだけで拡がっていくのがHappyのプロジェクトの特徴。 現在、多世代型介護付きシェアハウスという暮らし方を子供と一緒に住みながら実験中!将棋と珈琲を愛する31才。昼までダラダラ寝ていたい脱力系起業家代表。 ⭐︎お貸ししまスペース  かなえ場(明石・魚住) https://www.facebook.com/お貸ししまスペース-かなえ場-494716374017979/ 空き家を一般の方350人と一緒にDIYして作った訪問看護ステーション兼コミュニティスペース ⭐︎ はっぴーの家はりま〜古き良き日本の家 だけどちょっと新しい〜 (播磨町) https://m.facebook.com/harima.happy.home/ 古き良き日本の家のような介護付きシェアハウス ⭐︎はっぴーの家ろっけん〜希望溢れる世界旅行の船旅へ〜 (長田区) https://m.facebook.com/rokken.happy.home/ 世界旅行をテーマにした多世代型介護付きシェアハウス 企画の段階から保育園児に始まり学生・主婦・クリエイター・外国人等の世代やバックグラウンドを問わず町中の人たち約100人とワークショップで事業計画とコンセプトを作った町中の想いを詰め込んだシェアハウス ⭐︎Rokken College~町中がキャンパス~ https://www.facebook.com/RokkenCollege/ 「空き家、空き地、シャッター商店街」を従来の地域活性の方法ではなく、あえて、下町の情景、商店街、空き家・空き地を生かしながら、さまざまな人が 出会い学習するキャンパスに! ☆路地裏農業(仮) https://www.facebook.com/路地裏農業仮-1705370603037300/ 阪神大震災後ずっと空き地だった場所を変えよう!赤ちゃんからお年寄りまで みんなで集まれる街なか畑を作りましょう!

「多世代型強制労働施設はっ◯ーの家 潜入レポ」への1件のフィードバック

  1. 株式会社Happy取締役様

    突然のコメント失礼致します!

    悪のコンセプトに共感しました、神戸市在住の理学療法士兼0歳児の母親をしています、田中若菜と申します。

    御社のブログを拝見し、求人について興味がありご連絡致しました。

    現在は求職中でして、実は出産後に夫婦だけで子育てすることに限界を感じ、
    子育てのシェアや多世代・多文化の方々と子育てをしていきたいという思いから、多世代交流型のシェアハウスをやってみたいと情報収集をしていたところ、御社のブログにたどり着きました。

    シェアハウス以外にも、高齢者の役割づくりや外国人との交流、空き家再生など、自分のやっていきたいことと、マッチする点が多く、唐突ではございますが一度ホームの見学や就労に関してお話をさせて頂きますことは可能でしょうか?

    突然のご連絡にて大変恐縮ではございますが、
    ご検討頂けたら幸いです。

    下記、簡単な経歴です。
    病院と在宅(訪問看護)部門にて理学療法士を4年2ヶ月経験し、その後アメリカ一人旅や海外スタディーツアー、農業インターンシップ、少しAirbnbなどを経て、教育系のNPO法人生涯学習サポート兵庫に転職し、出産を機に退職。現在は育児に励みつつ、週一度神戸市の大学にてキャリアの授業をお手伝いしている28歳の変人です。

    お忙しいなか恐れ入りますが
    どうぞよろしくお願い致します。

    田中若菜
    tell.08038327804
    mail.waa831@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です