世界の路地裏と不良老人

夜中でもふらっと出て来れるリビング
ろっけんにはコレをどうしても
作りたかった!


夜に音楽聴きながら過ごす

世界の路地裏本とコーヒーを
一緒に楽しみながら
珍しく穏やかすぎる夜♪
(ドゥブロヴニク/クロアチア)
(ロヴィニ/クロアチア)
今日のハッピーは開港して
一番穏やかな1日。
なんせ子どもの群れが来ない来ない!?
それもそのはず
S・N・K・R・Yの
ばらソースのように濃い
名物キッズ達が揃って
佐賀県の唐津に出張しているから
(看護小規模多機能むく)
町の空気感を変えてしまうとは・・・
サスガ ろっけんを代表する
影響力のあるキッズ達w

珍しく穏やかなロッケンハッピー
慣れない夜勤(お留守番)をするボク
そこへ普通の家の子供達が
寝かしつけられる時間位になると
恒例で共有リビングに
現れるお二人の仲良しコンビ
Kばぁ「今何時?12時くらいか?」
ボク「・・・いやまだ9時過ぎやで・・・」
Sばぁ「子どもら今日は入られん日なんか?」
ボク「なんなんソレ?そんな日ないわw」

なるほど、、、
世界一夜中まで騒がしい
不良介護付き住宅に慣れた
仲良し不良コンビは当然に
ソワソワ眠れない様子w
一般的に介護施設の夜は
穏やかというか寂しい、、、
早いところでは
8時にはもう共用部は消灯!
って施設も少なくない。。。
9時・10時になって部屋の外を
歩いているもんなら
「オバアチャン大丈夫?何かありましたか?
暗いので危ないし、お部屋帰りましょうか」
って半ば徘徊老人扱いも
いたしかたない。。。
(色々と大変なんだよホントに
そこは分かったげてね)
でも!

・・・いや大概起きとるやろ!?
その時間!
外歩きするわけでもないし
逆に家でそんなハヨ寝るんか!

って思うのはボクだけじゃないはず!
高齢者の方と一緒に暮らしてみて
最近気付いた事 、、、
《早く寝て早く起きる》
コレは勘違い!
《普通に寝て早く起きる》
コレが正解!
《早く寝て早く起き過ぎる
朝飯まで只々ヒマ》
コレが一般の施設の現状かも。。。
ろっけんでは
1階共有リビングに限り夜でも
基本的にフリーで立ち寄れる雰囲気作り♪
オープンから今まで心掛けてみた!
ボク達だって眠れない夜
リビングにふと向かいたい
瞬間だってあるやん ?

「あーココは夜更かししても
何も言われんからええわぁ」

不良老人?が呟く言葉に
嬉しさよりも複雑な心境。。。
夜中でもふらっと出て来れるリビング
ろっけんには作れて良かった!
(夜ふかし老人に珈琲付き合ってもらったのはDr.には内緒w)
夜に音楽聴きながら過ごす
世界の路地裏本とコーヒーを
一緒に楽しむ
珍しく穏やかすぎる夜♪
当たり前の時間をシェアする喜び
一度に全部当たり前を叶えることは
難しいかもしれない。。。
当たり前の事が当たり前になるように
また一つずつ頑張ろって思った( ´ ▽ ` )ノ

(穏やかな夜にオススメの一冊)

投稿者: happykanaeba

株式会社Happy代表取締役。23才で遊休不動産の活用事業や神戸市長田区を中心に空き家再生事業を始め、27才で法人化に至る。自身の生い立ちから多世代でシェアで暮らす昔の日本のようなライフスタイルを作る事が少子高齢化問題を解決する方法の一つになると気付きハッピーの家プロジェクトを始動。HPや看板を作らない繋がりと口コミだけで拡がっていくのがHappyのプロジェクトの特徴。 現在、多世代型介護付きシェアハウスという暮らし方を子供と一緒に住みながら実験中!将棋と珈琲を愛する31才。昼までダラダラ寝ていたい脱力系起業家代表。 ⭐︎お貸ししまスペース  かなえ場(明石・魚住) https://www.facebook.com/お貸ししまスペース-かなえ場-494716374017979/ 空き家を一般の方350人と一緒にDIYして作った訪問看護ステーション兼コミュニティスペース ⭐︎ はっぴーの家はりま〜古き良き日本の家 だけどちょっと新しい〜 (播磨町) https://m.facebook.com/harima.happy.home/ 古き良き日本の家のような介護付きシェアハウス ⭐︎はっぴーの家ろっけん〜希望溢れる世界旅行の船旅へ〜 (長田区) https://m.facebook.com/rokken.happy.home/ 世界旅行をテーマにした多世代型介護付きシェアハウス 企画の段階から保育園児に始まり学生・主婦・クリエイター・外国人等の世代やバックグラウンドを問わず町中の人たち約100人とワークショップで事業計画とコンセプトを作った町中の想いを詰め込んだシェアハウス ⭐︎Rokken College~町中がキャンパス~ https://www.facebook.com/RokkenCollege/ 「空き家、空き地、シャッター商店街」を従来の地域活性の方法ではなく、あえて、下町の情景、商店街、空き家・空き地を生かしながら、さまざまな人が 出会い学習するキャンパスに! ☆路地裏農業(仮) https://www.facebook.com/路地裏農業仮-1705370603037300/ 阪神大震災後ずっと空き地だった場所を変えよう!赤ちゃんからお年寄りまで みんなで集まれる街なか畑を作りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です