深夜12時の訪問者・・・

玄関で何やら いつも通り様子の可笑しい美幸・・・

み「えっ誰?誰なの?きゃー?えっ誰?」

誰もいない玄関・・・

明らかに人影もないので
疲れているんだろうと無視するボク。

み「ちょっと来て!!!」
確認に行くが誰もいない。

よ「誰もおらんやん・・・」
(流石にこの数年で計何件のプロジェクトを立ち上げたかも分からん位ハードワークやったから疲れたんやろうな。明日はいつもより一杯ありがとうと言ってあげないと・・・とりあえず、火曜恒例の朝会が終わったら三宮でケーキとドーナツを一杯買って長田に戻ろう・・・)

よ「・・・みゆきちゃん寝よか・・・」

 

どんどんドン!!!!

・:*+.\(( °ω° ))/.:+

マ!まじか!?
でも誰も居ない!!!

 

焦る夫婦!!!
美幸エンパシーあるタイプやから本気のやつやん!?
と焦るボク

 

よ「えっ!まじ誰!?」

ね「・・・ニャーー」

よ「・・・えっ!ネコ」

 

自動ドアのカーテンからノラ猫 登場!

うーん なんとまぁ六間道らしいw
どうやら入って来たものの
ドアが開かなくて困ってたらしい

はっぴーの家の自動ドアは来るもの拒まず
出るときはボタンをスタッフが押して開ける仕組み

地域の人が入りやすく、出るときは子ども達や高齢者の安全面を配慮の上の仕組み

てか猫 自動ドア反応するんやw

 

投稿者: happykanaeba

株式会社Happy代表取締役。23才で遊休不動産の活用事業や神戸市長田区を中心に空き家再生事業を始め、27才で法人化に至る。自身の生い立ちから多世代でシェアで暮らす昔の日本のようなライフスタイルを作る事が少子高齢化問題を解決する方法の一つになると気付きハッピーの家プロジェクトを始動。HPや看板を作らない繋がりと口コミだけで拡がっていくのがHappyのプロジェクトの特徴。 現在、多世代型介護付きシェアハウスという暮らし方を子供と一緒に住みながら実験中!将棋と珈琲を愛する31才。昼までダラダラ寝ていたい脱力系起業家代表。 ⭐︎お貸ししまスペース  かなえ場(明石・魚住) https://www.facebook.com/お貸ししまスペース-かなえ場-494716374017979/ 空き家を一般の方350人と一緒にDIYして作った訪問看護ステーション兼コミュニティスペース ⭐︎ はっぴーの家はりま〜古き良き日本の家 だけどちょっと新しい〜 (播磨町) https://m.facebook.com/harima.happy.home/ 古き良き日本の家のような介護付きシェアハウス ⭐︎はっぴーの家ろっけん〜希望溢れる世界旅行の船旅へ〜 (長田区) https://m.facebook.com/rokken.happy.home/ 世界旅行をテーマにした多世代型介護付きシェアハウス 企画の段階から保育園児に始まり学生・主婦・クリエイター・外国人等の世代やバックグラウンドを問わず町中の人たち約100人とワークショップで事業計画とコンセプトを作った町中の想いを詰め込んだシェアハウス ⭐︎Rokken College~町中がキャンパス~ https://www.facebook.com/RokkenCollege/ 「空き家、空き地、シャッター商店街」を従来の地域活性の方法ではなく、あえて、下町の情景、商店街、空き家・空き地を生かしながら、さまざまな人が 出会い学習するキャンパスに! ☆路地裏農業(仮) https://www.facebook.com/路地裏農業仮-1705370603037300/ 阪神大震災後ずっと空き地だった場所を変えよう!赤ちゃんからお年寄りまで みんなで集まれる街なか畑を作りましょう!

「深夜12時の訪問者・・・」への1件のフィードバック

  1. お元気そうでなによりです。

    猫ちゃんはなかなかやりますよ 笑
    知人が、職場の駐車場から自宅まで、
    知らずに 車に乗せて帰って
    次の日もつれてきた。ていうエピソードがあるので。
    寒いからあったかいエンジンの所によじ登って侵入しますよ‼️
    気をつけてね〜笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です